人材業界とは何なのか?

人材ベンチャー企業

2000年代に入って増えたのが派遣会社で、その当時はまさに派遣業界戦国時代でした。時代の変化とともに、今の人材業界はどのようになっているのでしょうか。今回は、人材業界のことについてお話します。

人材業界の種類

それでは、人材業界の紹介をしていくことにしましょう。これから人材業界で働きたいという方にとって、実際にはどんな仕事をしていくのかについて知ることは、業界研究という意味でも大切なことです。

また、派遣される側としても自分たちがこのように職場へ送り込まれていくのか、というシステムを理解しておきたいものです。

人材紹介について

学校を卒業した人たちや転職をされる方たちが、人材会社を経由して企業に人材を送り込む見返りに紹介料をもらい、求職者には求人を紹介することにより、成り立っているのが人材紹介業という仕事です。わかりやすく言えば、求職者と企業をマッチングさせて成立するビジネスです。

「リクルーティングアドバイザー」と「キャリアアドバイザー」という役職があり、前者は企業との間に入り、人材や職種、それにスキルや給料などを企業と話をしながら、どの人材を求めているのかを明確化することを目的としています。

後者は求職者の方との間に入って、どの仕事を求めているのかについて聞き込みを行いつつも、最適な会社を紹介するという役割を果たしています。

人材派遣業について

基本的には前述の人材紹介と同一ですが、仕事をする人が会社との雇用関係における立場は、「派遣」という扱いであることです。人材については短期間でそろえておきたいという企業側と働く人の希望とをすり合わせて成り立っています。

雇用については派遣会社が面倒を見ることになり、実際に支払われている給料については企業から派遣会社に支払うというシステムです。企業と求職者の双方の関係を継続的に維持しているのは、人材派遣事業そのものであり、雇用期間は単発から長期まであります。

求人広告事業について

最後に紹介するのは、皆さんが求人雑誌などで見る求人広告事業について説明しましょう。一般的に見る機会が多いであろうフリーペーパーやウェブ、雑誌や新聞の求人募集などといったメディアに掲載することにより、仕事を探している方を集めてから企業へと紹介していくシステムです。

こちらは日常生活において、何かとご縁があることでしょうし、メディアの力は強いという言葉があるように、その力を利用して仕事の募集をしながら、企業へ人材を贈りながらも掲載料として人材会社に支払っています。

登録してから事業所へ募集するケースもありますが、多くの場合はメディア経由で事業所へ直接応募してから面接の段取りなどを行っているのが現状です。

まとめ

以上、人材業界について紹介してまいりましたが、派遣業や求人における各種メディアは比較的お世話になった方もいらっしゃることでしょうから、人材事業というものがいかに身近な存在であるかを物語っています。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。