人材業界を目指す方へ ~必要な知識と適性~

人材ベンチャー企業

企業と人を結びつける「人材派遣業界」があります。この記事では、この業界にチャレンジしてみたいと思うあなたに、人材派遣業とは何か?その内容や適性にいたるまでを、わかりやすくお伝えしていきたいと思います。

人材業界の5つのビジネスモデルとは?

「人材業界」は人や企業と関わるお仕事ですが、その関わりかたにも種類があります。

〇人材紹介サービス
企業が求めている人材を派遣登録者の中から紹介し、マッチングしていくサービスです。

〇人材派遣サービス
企業と派遣登録者のマッチングが成立したら、期限を決めて派遣スタッフとして登録者を送り出します。

〇業務請負サービス(アウトソーシング)
一見人材派遣サービスに似たサービスですが、こちらは「人材の派遣」ではなく「人材の成果を提供する」サービスで、アウトソーシングとも言われているサービスです。

〇求人広告サービス
企業と人材のマッチングにつながるサービスとして、派遣会社からメディアを通して求人広告を掲載し、企業へ紹介します。

〇人事コンサルティングサービス
派遣会社は人材を提供するだけでなく、企業の人事に関する人材採用活動のサポートから育成、組織開発。さらに、人事戦略や人事制度の構築に至るまで、企業のサポートを行います。

派遣業界の業務は、企業の人事的な役割のサポートを提供するサービスと本来の人材派遣とともに、そのキャリアップをサポートするサービスがあります。

次の項では、実際に人材派遣業界に適性のある人について見ていきたいと思います。

人材派遣にはどんな人が向いているか?

人材派遣業はよりよい職を求める人材への細かなヒヤリングや、人材を求める企業への人材紹介のためのプレゼン、人事関連のサポートなど、人と企業をつなぐサービスであり、インターネットを介してのやり取りが多いこの時代でも、コミュニケーション能力が必要不可欠なお仕事といえます。

では、具体的にどのような人が、この業界に向いているのでしょうか?

〇人と接することが好きな方
人と企業との関りが必要となる人材派遣業ですから、人との対話に関わっていくことが好な人が良いでしょう。

〇連絡ごとなどがきちんと出来る方
派遣スタッフとして、人材を送り出した後のスタッフのフォローや企業とスタッフの間に入ってのやり取りなど、連絡ごとが多くなりますので、適切に伝えていくことが重要となります。

〇企業の情報を見つけるのが好きな方
企業と人材を適切にマッチングしていくために、企業情報や人材募集にいたるまでの経緯などを適切に把握し、企業への人材の紹介や、登録者へ企業のしっかりした説明ができるよう、クライアント企業のあらゆる情報に精通していることが重要で、そのための情報集めを行うことも重要となります。

まとめ

さらに、人材派遣業界を目指す方に求められる能力としては、あらゆる業界や専門知識を身に着けるための「学習意欲」、あらゆる業種や業務を短時間で把握し遂行して行く「マルチタスク能力」、これら業務を速やかに進めていくための「情報収集能力」が必要となります。

あらゆる業界に興味のある方、人とのかかわりが好きな方、人材派遣業界にチャレンジしてみませんか?あなたの一歩が、誰かの人生を輝かせる手助けとかもしれません。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。