人材業界の市場規模の拡大で就活生に未来を

人材ベンチャー企業

人材業界の市場規模は年々増加の傾向を示しており、就活生の皆さんにも人気のある職業になっています。市場規模から人材業界の現状を掘り下げていき、就職する皆さんの今後の活躍に、参考になればと思います。

人材業界の市場規模は何を語る?

日本のお家芸とまで言われた物作り業界や電子部品関連の産業を抑えて、人材業界の市場規模は拡大して来ています。古くからある日本の雇用形態や終身雇用制度がなくなる事によって、時代に合わせた新たな働き方が、人材業界の市場規模の拡大という形になって現れています。

市場規模の推移は、10年前から比べるとおよそ2.5倍以上の規模で拡大しており、2019年の調べでは9兆円を超える市場規模になっています。社会情勢から景気の動向によって左右される事もありますが、まだまだ先の事だと考えられています。今は、人材業界の発展と今後に向けて頑張る、就活生の皆さんの力に期待が集まっています。

人材業界の課題について

「少子高齢化」や人の代わりとなる「AI関連事業」が、人材業界に与える影響も懸念されています。しかし、人材業界も新たなビジネスに取り組んでいます。今後は、景気に関係なく人材業界を担う新しい人材が未来を作り上げていくのです。

新たな取り組みと新しい力

【1.少子高齢化に対する取り組み】
2025年問題とは、団塊の世代が2200万人以上に達して、4人に1人の割合で75歳以上の高齢者が存在する事になります。これによる若い世代の人材が不足すると心配するかもしれません。日本人が人材不足なら海外からの人材を求めていく事になります。

ここから考えられるビジネスは、高齢者向けのサービスをになう事業や海外労働者に対する教育のサポート、人材業界のボーダーレスから、日本の技術力や専門性のある職業を、指導する事業や海外に向けての派遣が考えられます。発展途上であるアジアやアフリカでは、まだまだ日本人の力を必要としています。

【2.AI事業に対抗するには】
AIの学習機能は驚くべき速さで進化していますが、日本人の習慣や思考に必ずしもマッチしているとは思えません。AIに出来る事はAIにまかせる事で、仕事の合理化は出来ますが、日本人が持つ「おもてなしの心」や行動は、AIを凌ぐ能力なのです。AIの管理やサポートなど、人間ならではの仕事に特化した事業を考える事でしょう。

【3.社会構造の変化に向けて】
将来の環境変化に伴って、組織による行動から個人による行動を重視するようなライフスタイルへと徐々に変わりつつあります。過疎化や人口減少、土地や中古ビルなどが有り余る構造が考えられます。このような問題をマイナスと取らえずに、新しい事業のチャンスに変えるために、これから人材業界に就活する皆さんにも力を貸してほしいのです。

まとめ

人材業界の市場規模の拡大は、まだまだ安泰と言えるでしょう。今後の人材業界の未来についても、課題に対して向き合う事が出来る、今後の未来を担っていく若い世代の就活生たちに期待して、活躍する事を願うばかりです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。