にわかに人気を集めつつある「人材業界」とは

人材ベンチャー企業

「一億総活躍社会」「働き方改革」等、政府が掲げるスローガンを始めとし、国民1人1人が仕事とどう向き合うべきか問い直される時代へと移り変わってきました。そんな中多方面から人気を集めつつあるのが、まさに人の働き方について取り扱う人材業界。いったいどのような業界なのか、見ていきたいと思います。

人材業界とは

働き手を求める企業と、働き先を求める求職者、その橋渡し役をビジネスとしているのが人材業界です。求人及び就職について、企業側及び求職者側双方の立場に寄り添い、両者を結びつける役割を担っています。

人材業界が行う具体的なサービスは

企業と人の橋渡し役として人材業界が実際に行っている仕事は主に、「人材派遣」「人材紹介」「求人広告」「人材コンサルティング」の4つが挙げられます。それぞれどのようなものか確認していきましょう。

人材派遣

人材業界のカテゴリに属する派遣会社が主に扱う分野です。そのシステムは次の通りです。
まず職を求めている人を、派遣会社が自社の派遣スタッフとして予め登録即ち雇用します。そして派遣契約を結んでいるクライアント側企業の労務に派遣スタッフを充て、業務に着手してもらうという形態を取ります。

つまり派遣スタッフはクライアント側である派遣先企業に労働力を提供し、その労働成果を得た企業は派遣会社に派遣料金を支払い、派遣会社は自らが雇用している派遣スタッフに給与を支払う、と言う関係性が成立しているわけです。

短期間のみ多くの人手が必要な受け入れ先企業と、採用までの手間を省いて短期間のみ働きたい求職者、双方のニーズを叶える業務形態と言えるでしょう。

人材紹介

転職支援等、就職活動をサポートするサービスを展開しつつ、クライアント企業からの求人要望を受け、求職者と企業のマッチングを図り就職及び採用へと結びつける仕事です。求職者側にはキャリアアドバイザー、企業側にはリクルーティングアドバイザーがそれぞれ対応し双方が連携しながら業務に当たります。

求人広告

企業の求人を、メディア即ち広告媒体を用いて発信し、募集を呼びかける仕事です。クライアント企業と共に、どのような人材をターゲットとし、どのようなメッセージを発信するかを検討し、これを基に広告を作成していきます。

WEBや紙面あるいはCM放送等、取り扱うメディアの形態は多岐に及び、実際には人材の分野に限定されず広告全般を扱う業務となるでしょう。

人材コンサルティング

企業活動を人事面からサポートする仕事です。クライアント企業にはどのような人材が必要なのか、社員の職務能力を高めるための研修及び教育についてどう計画を立てるか、人事制度面に改善点はないか、と言った企業の人事体制について検討・提案・実行に携わります。
依頼先企業の経営に深く関わることとなる業務と言えるでしょう。

まとめ

以上、時代の流れにより今後重要視されると思しき人材業界は、多くの人材を雇用しクライアント企業での職務に当たらせる人材派遣、求職者と求人企業の特性やニーズをマッチングさせ採用を目指す人材紹介、メディアを用いて人材を求める求人広告、企業の人事体制をサポートする人材コンサルティング、と言った4つの仕事を行うものであることを見てきました。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。