人材業界で問われる適性とは?

人材ベンチャー企業

毎年のように多くの就活生が志望する業界の1つが人材業界。人材業界の仕事は企業と人材を結びつけることを業務としています。更なる企業の成長を促すとともに、働く人々の生き方をより豊かなものへと導く役割があるなど、やりがいも十分にあるといえます。

人材業界が行なっている4つの分野

〇人材派遣
職を求めている人を、派遣会社が自社の派遣スタッフとしてあらかじめ登録し、派遣契約を結んでいるクライアント側企業の労務にあてます。

〇人材紹介
転職支援等、就職活動をサポートするサービスを展開しつつ、企業からの求人要望を受け、求職者と企業のマッチングを図ります。

〇求人広告
メディアを用いて発信、求人募集をかけます。どのような人材をターゲットとし、どのようなメッセージを発信するかをクライアントとともに検討していきます。

〇人材コンサルティング
企業活動を人事面からサポートします。社員の職務能力を高めるための研修及び教育について計画を立てるほか、人事制度面の改善点について検討・提案・実行に携わります。

問われる能力について

人材業は「人」を商材にする業界です。そのため人と関わること、コミュニケーションをとることが好き、という人に適している業務と言えます。
求職者からはどのような職場が向いているかを聞き出す必要がありますし、法人営業に行く際には人材を売り込むためのプレゼンテーションをする機会があります。どちらの場合も「人」を相手にするため、信頼構築のための密なコミュニケーションは欠かせないものと言えるでしょう。

その上で押さえておきたい3つの能力についてご紹介していきましょう。

学習意欲

人材業界は、多様な企業をクライアントとするため、様々な業界のビジネスモデルを理解する必要が出てきます。また、求職者にも様々なバックグラウンドを持った人が存在するため、専門的な分野に関わる場合には、その職業に関する基本的な知識や専門用語を学ぶことが必要になってきます。

マルチタスク能力

多くの業務を短時間で同時進行できる能力もまた求められます。「人材紹介」を例にとってみましょう。この場合、担当する企業も多数抱えながら求職者の情報も管理し、両者と連絡を取りながら営業の準備をし、業界の研究もするというように、さまざまな業務を効率よくこなす力が求められます。

情報収集能力

人材業界でいくつもの業界の知識が必要であることはすでに述べた通りですが、必要な知識を積み上げるだけではなく、世の中の動きを敏感に察知し、情報を収集する力も求められてきます。例えば、時事問題、景気動向や合弁など企業に動きがあった場合は、「仕事の参考になるかもしれない」とアンテナを大きく張っておく好奇心も重要となるでしょう。

さらにはこんな能力も求められる

人材業界のサービスを効率よく提供していくためには、チームマネジメントに関することなど様々な課題を抽出して解決していく力が求められます。加えて、その過程では経営に対する考え方や事業展開・戦略についての理解も必要となるでしょう。

まとめ

人材業界は成長産業の1つということもあり、転職先としても人気が高いです。そんな成長業界で働くということは、多くの環境の変化に恵まれ、新たな経験が積めるため、成長する機会にも非常に恵まれていると言えます。そうしたチャレンジ精神に溢れる方々は人材業界に適していると言えるでしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。