今こそ考える人材業界で働く魅力について

人材ベンチャー企業

人材業界は、景気に左右されると言いますが、2020年は、正に正念場を迎えています。2019年までの高成長率の業界として注目を集めていました。2020年が特殊な状況である事は、日本経済全般に言える事であり、参考外なのです。どこも同じ状況ならば、基本に戻って、人材業界で働く魅力はどこにあるのか紹介しましょう。

昨年の実績を踏まえた人材業界

人材業界の市場規模は、全ての事業形態を含めると9兆円市場として成長が著しく就活生にも注目の業界でした。2020年の経済状況は全ての業界に影響を及ぼしているので、去年のまでの実績を参考にするしかありません。

いくら、人材境界が不況で打撃を受けると言っても、全ての経済は、元の状況に戻すべき努力を重ねていく事でしょう。今が底値の状況としたならば、去年の実績を取り戻せる可能性があるはずです。そうでなければ、日本経済を牽引する業界として、役目を果たす事が急務となるのです。

人材業界の働く魅力で業界を牽引する原動力に

働く場合の理由として考えた時に、人材業界の魅力を紹介しましょう。就活する場合の根本は、働く意識や魅力にあると思うのです。人材業界は、働く人に対して直接関わっていく仕事として魅力を感じる事が出来るでしょう。

1.人と企業のマッチングでの達成感と感謝の言葉
仕事の達成感は、職種や業種によって異なりますが、人材紹介業においては、企業が求めている人材と、求人側が就職したい要望を、うまくマッチングさせる事で、仕事の達成感を得る事が出来ます。

求人側の能力が発揮出来れば、企業から感謝を頂く事になり、求人側の理想をかなえる事が出来れば、その人の笑顔に触れる事が出来るのです。人材紹介業の業務として当然の事でありながら、達成感や感謝の言葉は、最大の原動力になるでしょう。

2.人生における就職は重要な瞬間
就職や転職は、その人の人生において重要な瞬間となります。その大事な事柄に関係出来る事は、人の役に立っている仕事として自慢出来る事に値するのです。責任感を遂行した結果に対して満足感を得られます。

3.人との関わりで多くの経験を学ぶ
人材業界での仕事は、多くの人と接する事で、その人の人生を知る事にもなり、時には助け合い、時には教えられるなど、多くの経験をする事が出来、自分自身にも学ぶ事が多いです。

4.営業と人材業界
営業の魅力は、無いものから数字として形に表す事が出来て、成果が目に見えるようになります。人材業界では、営業自体が、魅力とつながっていて実感出来る喜びとなります。

5.コミュニケーションと人材業界
多くの人と接する事で、自然とコミュニケーションとる事になり、相手のやる気を引き出したり、相手の悩みを解決したりと、コンサルト業においては、自信をつける為に多いに役立つ仕事です。誰かの役に立つ事を自覚出来るのは、素晴らしい魅力なのです。

人材業界の先輩たちの言葉

人材業界で働く先輩たちの声は、実際に役立つ言葉として実感する事が出来ます。勿論、良い事ばかりではないのが真実ですが、良い面や悪い面は、どこの業界においても存在する事なので、いかにポジティブな働き方が出来るかが、どの業界においても重要な事なのです。

1.人材業界をすすめたい先輩の言葉
仕事が面白くて、経験した事が、仕事以外でも役立ちます。派遣業においては、いろんな仕事を経験出来、毎回新しい発見があり、ワクワクする気持ちになれます。多くの人との触れ合いは、楽しみでもあり、他の業種では経験出来ない事です。仕事の達成感が目に見えてわかる事などです。

2.人材業界をすすめたくない先輩の言葉
人材派遣業では、その会社のルールがあるなど、対応が難しい場合があります。新しい職場での適応が難しいと、業務の遂行が困難になります。勤務時間が長い場合があります。

※すすめたくない理由に関しては、どの業界にもあり得る内容です。その課題を克服してやる気につなげる事や、働き方改革などを味方につけるなどしてマイナス面を、ポジティブに対応していく事が重要なのです。

まとめ

今こそ考える人材業界で働く魅力について紹介しました。2020年から見る現状は、どれが正解なのかがわかりませんが、働く魅力を考えた場合に、人材業界に期待出来るように自らが、人材業界を牽引する力になる事です。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。