人材業界を分析する事で就活に役立てよう

人材ベンチャー企業

2020年は、就活生にとっても、経済界においても厳しい状況が続いています。今後は、経済活動を取り戻すべく、新しい働き方も考える事でしょう。人材業界を分析する事で、この業界の今までの実績を参考にして、今後の就活にのぞむ事です。

人材業界とは4つの軸

人材業界を表すには、4つのビジネスモデルが中心になり、他にも新たなビジネスモデルが生まれています。まずは、人材業界を知る為には、軸となる4つのビジネスモデルについて理解を深める事です。

1.人材紹介
新卒や転職希望者などが人材会社に登録を行って、企業側が求める人材を紹介する事で、求人側と企業のマッチングによって成り立つ業務です。人材会社の務めとしては、企業側から求める職種やスキルなどの具体的な要件をヒアリングします。

求める人材像を明確にする事で、求職者を紹介していくのです。求職者に対しては、企業側の人物像に近づける為のアドバイスをする事で両方の役に立てるように手助けを行います。

2.人材派遣
人材派遣会社は、登録社員を確保して企業側へ社員の派遣を行い、その給与の支払いやマネジメントによって企業側から支払われる給与からマネジメント料を頂く仕組みです。派遣社員は、別の企業で働く事になりますが、実際に雇用しているのは、人材派遣会社によって管理されているのです。

人材派遣会社は、登録スタッフに対して人材教育を行う事で、個人のスキルアップをはかり、企業側へ対して能力の価値観を高める事ができて、給与に対して還元される事になり、人材派遣会社への依頼や収入を増やす事につながります。

3.求人広告
人材会社は、求人する企業の要望を具体的に把握して、各媒体を通じて記事の制作や掲載を行い、求職者に対して求人側への誘導や、求人登録を促す活動を行います。フリーペーパーやネット広告などがあります。

最近はラインやSNSを利用した求人広告を行って、ダイレクトに求職者と求人する企業との仲介を行っています。広告記事を製作する事や、マーケティングによる応募したくなる魅力を伝える事も必要です。

4.人材コンサルタント
依頼者となる企業に対して、研修や調査を行い、クライアントが求める要望に対するサービスを行う仕事です。依頼側の社員に対して、ヒアリングなどによって行動や意識調査を行い、その課題に対して解決できるように研修やサポートを行う業務です。的確な調査と分析が必要となり、それに対するアドバイスやサービスを提供していきます。

5.その他のビジネスモデル
業務請負は、仕事を担うスタッフを請負業者にまかせて業務の依頼を発注する仕事です。「組織開発・管理」は、クラウド上での管理を行い、社員情報を人事異動やプロジェクトの編成に利用します。他にも技術者の育成や、海外留学生の雇用など、AIを使った新たなビジネス形態などの事業を活用します。

人材業界の今後

人材業界が景気に作用されるのは仕方がないですが、他の業界も同じ事が言えます。その厳しい状況の中でも、必要とされる人材や職種は必ずあるので、経済の発展と歩調を合わせて、人材業界が抱える課題を克服する事で、2019年末の最盛期や成長率を挽回する事が可能です。

9兆円も誇った市場規模を、新しい人材によって、新しい取り組みで回復させる事ができるでしょう。今が底辺と考えるならば、後は回復に向けての実行あるのみです。今あるピンチを、前向きにチャンスと捉える考え方必要です。どこの業界も、同じスタート地点に並んだと考えられます。今後の活躍が人材業界を動かしていく事でしょう。

まとめ

人材業界を分析する事で、過去の実績から可能性を把握する事ができました。2020年の厳しい現実を嘆くのではなく前向きにチャレンジできる新たな発想力が必要なのです。今後の人材業界をリードする為にも、新しい人材と前向きな思考を、就活生に求めているのです。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。