人材業界で働こう!

人材ベンチャー企業

人材業界の仕事はどのようなことをしているのでしょう?人材業界では、人材を探している企業と、仕事を探している求職者の方をマッチングさせる人材紹介、人材派遣、求人サイトなどの運営、企業への教育研修や大学などでの就活セミナーなどを手掛ける企業もあり、また特定の業種だけに絞ったサービスをする企業もあります。多くの業界が人材不足となっている中だからこそ、この業界は今や活気づいています。では、人材業界で働く前に人材業界の中を覗いてみましょう。

■なぜ求人企業は人材業者を必要とするのか

求人広告を使っても、自社が出した募集ではなかなか欲しい人材が来てくれない、魅力を伝えきることができない、また、社内外に知られたくない募集活動がしたい場合、例えば管理職の募集など、そのような場合、人材紹介会社のキャリアコンサルタントと相談しながら、人材を効率よく採用していくということもできます。そのようなことから、求人企業は人材業者に依頼することになります。

■なぜ求人者は人材業者を必要とするのか

自分の希望する企業を探すことは、簡単ではありません。多くの求人情報の中から見つけていくために、キャリアコンサルタントと相談しながら、探せると助かります。また、一般に公開されていない情報や、募集広告や、企業のホームページだけではわかりにくい企業情報を持っていたりすることも強みです。他にも、履歴書やエントリーシート等、応募書類の書き方などをアドバイスしてもらえることも、求人者が人材業者を利用したいと思う内容の一つでしょう。

■人材会社の主な実務内容

1:企業の求める人材を訴求する営業活動

企業営業は、これまで取引のある企業へのルート営業と、取引実績の無い企業への営業の新規営業があります。ルート営業ではコミュニケーションを大切にし、企業の社風などの情報を上手に聞き取ることが大切です。これこそ、採用支援にかかわってきますので、良好な関係を築いておきましょう。新規営業は自力で優秀な人材を確保することが難しいベンチャー企業へのアプローチを積極的行うことで、割とスムーズに取引できることもあります。

2:求職者のキャリアアップを見据えたキャリアコンサルタント業務

求職者を支援するキャリアコンサルタントですが、最終目標は、求職者の転職決定に繋げることです。面談から始まり、求職先の情報提供、紹介、面接対策、条件交渉となります。キャリアコンサルタントという業務は、人材業界の中でも主流の業務であり、求職者と企業との架け橋となる業務です。

■まとめ

人材業界がサポートを手がける相手とは、求人企業と求職者です。求人企業からは、求職者に見てもらえるような求人情報を提供し、お仕事を探している方には、より良い企業へマッチングできるような求人情報を探すなど、両社の希望をできるだけかなえられるよう、企業営業で培った情報収集力と、求職者の実務能力を見極めるキャリアコンサルタントのサポート力が試されます。難しいところもありますが、とてもやりがいのある業務です。人材業界のことに関心がある方は株式会社エントリをご活用ください!!