今、注目されている人材業界用語!

人材ベンチャー企業

どの業界にも一般の人には分かりにくい業界用語がありますが、人材業界でもそういった業界用語が多数存在します。今回はその中から注目を集める業界用語を見ていきましょう。

■業界用語1:タレントマネジメント

タレントは『才能・素質』と、能力『才能がある人』2つの意味を指します。タレントとはマネジメント『経営・組織などの管理』人材を指し、有能なリーダーとマネジャーを意味します。企業に有望な人材を増やすために、育成、評価、採用を企業が企画することがタレントマネジメントです。

■業界用語2:タレントマネジメントマネジメント・コンサルタント

経営上の指導員、経営診断・会社経営に関する指導などを職業として行う専門家で、将来の経営戦略の助言や政界、外国との橋渡し的な役割、国際問題などの断片化の指導など、企業の人材育成に大きくかかわる助言や指導(=コンサルタント)を行います。

【タレントマネジメントの目的】
◎人材の調達
・経営目標を達成する為の会社組織外からの採用、社内の組織に埋もれた人材発掘が必要。
◎人材の育成
・企業が求める人材への業務経験を積ませる教育・育成。
◎適材適所による成果・評価、配置検討
・各人材の能力・スキル・経験・キャリア志向などの明確な成果や評価、配置検討。
◎人材の定着
・調達・育成した人材に長期間活躍させる為の役割と報酬、適任ポストへの配置。

上記が事業拡大と売上・利益への経営目標の実現が目的です。

■業界用語3:グローバル人材

グローバルとは、「世界的な」、「世界規模」の意味で、グローバル人材とは世界的に活躍できる人材のことで現代社会において、個性を持ちながら、未知の課題や厳しい環境に飛び込める行動力と最後までやりぬくタフな精神力、自分の考えで行動し、問題の解決に挑戦する力と自分らしさの個性をしっかり持っている人が、グローバル人材だと言われています。

■グローバルタレントマネジメントの実現に向けて!

日本企業がタレントマネジメントの発展に向けて、事業のグローバル化・多角化に伴う新しいニーズに適応するグローバル人材をどのように育成するかと言う課題を実現するために、日本国内ビジネス展開状態から、海外に拠点を持ち日本人を赴任させることが、グローバル人材育成の第一歩であると考えられます。

■まとめ

今回は人材業界への期待にもつながるキーワードともいえる、業界用語を見てみました。こういったキーワードから垣間見える人材業界とは、人間ひとり一人の可能性と価値を高め、生かすことを模索する業界であるということではないでしょうか。

そんな人材業界で活躍の場を求めるなら、株式会社エントリーでその一歩を踏み出してみませんか?