人材業界への志望動機ってどんなもの?

人材ベンチャー企業

今、就職活動中で「仕事を紹介する窓口の仕事に就いてみたいな。でも、志望動機どうすれば良いのだろう?」と悩んでいるかもしれません。そこで今回は、そんな悩みを持つあなたへ向けた「人材業界に上げられる志望動機にはどんなものがあるのか?」を調べてみました。

■人材業界にエントリーする前に抑えておこう!

人材業界を目指した時、数多くある業界の中から、なぜ人材業界なのかを深く掘り下げていく必要がありますが、人材業界では、人材を求める企業と「働きたい」という方を結びつけるビジネス形態を持つ業界のことを言い「就職へ向けて手助けをする」というビジネス形態としては、サービス業界に属します。

しかし、一般的なサービス業界と人材業界が違う点は、仕事として扱うものが「人」になるので、その辺をしっかり押さえて志願する必要があると言えるでしょう。

■志望動機のポイント

では、人材業界における志望動機のポイントはどこにあるのでしょうか? いくつか上げておきますので、参考にしてみるのも良いと思います。

◎なぜ人材業界?
就職を目指す時に志望動機などにおいては重視される項目と言えるのではないのでしょうか?「業務に興味がある」「仕事で誰かの役に立ちたい」「仕事を通して、会社でいろいろ勉強したい」といった言葉をよく本などの志望動機の中で目にすると思いますが、これらに対しては志望理由とは言うことができません。

なぜなら、雇用担当者は、出版社やIT業界といった様々な仕事がある中で、人材業界を選んだ理由を知りたいと思うのです。今まで、あなたが経験してきた事を㏚ポイントとして志望動機では、人材業界を選んだ理由として伝えると良いでしょう。

◎人事コンサル・求人メディア・人材紹介を志望したのは?
人材業界の仕事というお仕事の中には、人事コンサル部門・求人メディア部門・人材紹介部門に分ける事ができます。各部門において。あなたがどの分野に興味があるのか?なぜその部門に入りたいのか?と言ったことを、なるべく詳しく自分の言葉で相手に分かりやすい言葉で伝えるのがポイントです。

雇用担当者は、あなたが話していることや志望動機などを通して人材業界に対する熱意や理解度などを話の中で見ている場合があります。また、話の中で自分が調べ得た知識を踏まえて伝えると、ぐっと人材業界の仕事があなたにとって近くなるのではないでしょうか?

◎この会社に決めたのは?
例えば、人材会社を1つと言っても数多くの会社が存在します。ただ、人材業界に対する
興味について志望動機を書いただけでは「他の会社でも良いのでは?」と思う事がほとんどです。このため数多くある会社の中から、なぜこの会社を選んだのか? また、選ぶきっかけは何だったのかなどを、会社の特徴をふまえつつ抑えておく必要があるでしょう。

志望動機とは、企業が必要としている人物像を掴み把握してもらった上で、あなたがどれだけ貢献できるのかを伝える場でもあります。あなたのPRポイントや興味を持ったことなど具体的に伝えると共に、入社したらどのように働きたいといった事を、はっきりと伝えるのがベストではないでしょうか? 

■まとめ

いかがでしたでしょうか? 志望動機は仕事に就いている方であれば、人材業界に限らず、一度はみんな経験するものです。あなたにとって人材業界で仕事をするという目標が、どの高さにあるのかによっても志望動機は変わってくることでしょう。

あなたの目指す「人材業界での就職」を株式会社エントリーで実現させてみませんか? チャレンジお待ちしています!!