就活で人材業界の評判を検索すると不安になる

人材ベンチャー企業

就活で気になる企業のことや、その企業の業界的評判というのは気になるものですが、人材業界の評判をネット等でチェックすると、期待するような良い評判に出会うことが難しいのではないでしょうか。

■その評判、人材業界で活躍する人の評判ですか?

人材業界の評判を俯瞰してみた場合、

①適切な人材を求める各企業へ人を送り出す立場(=人材会社)
②各企業へ送り出される立場(=派遣社員)

の2つの視点があることに気づきます。

人材業界への就活を考えた場合、①の人材会社の立場に立った情報を集める必要があるのですが、残念なことにネットにあふれる情報を見ていくと、②の派遣社員の視点で書かれた評判ばかりが多く目立ち、なんとなく人材業界全体が現代日本の労働市場全体を覆っている、負のイメージが先行しているような印象があり、そのため人材業界の悪い評判ばかりが目立っているような気がします。

■人材を求める企業の声を探せ!!

では人材業界で活躍する企業の適切な評価は、どこで見つければいいのかという話になるのですが、答えはとてもシンプル。

「人材を求める各企業の評価」

をチェックすればいいわけです。例えば飲食の評価サイトで考えてみましょう。

美味しい料理を提供し、従業員も快適なサービスを提供するお店の評判が高くなる傾向にあるのは当然ですよね。客が求めた以上の感動が得られることは、どんな業界であっても高評価に繋がります。これは人材業界も同じです。

よい人材を求める企業は、人材企業からすればお客様です。お客様は紹介された人材が希望するスキルを持ち合わせ、期待通りの力を発揮してくれる。ここが一番重要なポイントなのですから、人材業界や人材企業の評価を「人材を求める各企業の評価」をもとに確認するというのは、妥当性のある判断基準であるといえるのではないでしょうか。

■企業が人材業界を評価する基準を知る。

人材業界又は人材企業を評価していくうえで、「人材を求める各企業の評価」を見るべきなのは既に述べましたが、その基準が具体的にどのようなものであるかを、ざっくり上げてみましょう。

・即戦力の人材を紹介してくれた。
・自社企業に足りなかった人材を紹介してくれた。
・安心して仕事を任せられる人材を紹介してくれた。
・コミュニケーション能力の高い人を紹介してくれた。

などなど。

人材業界、人材企業の仕事は、人と人とを繋ぐことが求められることでです。このような評価をお客様である「人材を求める各企業」から得られれている人材業界、人材企業であれば、そういった橋渡しをする役目を負った社員の会社に対する評価も決して低くはないのではないでしょうか。

人材業界へチャレンジしたいあなたを、株式会社エントリーはお待ちしています。