人材業界の営業職の魅力とは

人材ベンチャー企業

今、企業において求められるのは人材だ。有効求人倍率は供給よりも需要が高くなり人材確保が企業において重要な課題になっているのが現状だ。このような状況から人材業界は事業規模を拡大するなど社会に必要とされた業種であるといえるだろう。そのような人材業界でも今回は人材業界では無くてはならない「営業職」にスポットをあててみたい。

■人材業界の営業職の魅力

一言でいえば「達成感」だろう。人材業界の営業は人材を募集しているクライアント企業に人材を紹介することが仕事内容になるのだが、人材のマッチングがうまくいけば募集をしていた企業は人材を確保でき、求職者の方は就労につながることになる。そのマッチングが成功したときの「達成感」が営業職の魅力といえよう。

さらにキャリアコンサルティング技能士という国家資格をとることにより、成績を上げることができればその分インセンティブがいただけるということもありえる。
そして人脈が増えることだ。様々な企業をめぐり登録スタッフの活用を営業して回ると多くの出会いがある。その中では会社の経営層とも会うことができる。

■人材営業に対する誤解

よく人材業界の営業に対して「人を商品として扱っている」といわれる方がいますが、それは大きな誤解だ。営業は人を派遣しているのではなく「サービス」を提供しているのである。

仕事を探している人に対してより希望に沿った職種や業務内容を紹介し、その後のフォローをし、安定した生活ができるかを後押しするサービスで、また企業にはいかに求められる能力、業務を遂行するに相応しい人を紹介できるかのサービスの提供なのである。

■人材営業の仕事内容

上記でも多少ふれたが人材営業の主な仕事内容の営業だが、新規開拓や既存の顧客へ営業をかける。その内容は企業に対するヒアリングから始まる。そこでどのような知識とスキルを持つ人材が欲しいのかを詳細にわたって聞くことにより緻密に人材確保に向けて計画を立てることができる。次に自社で登録されているスタッフの中から企業にマッチングした条件の揃う人を派遣する。

以前は工場、事務、販売などの派遣先が多かったのだが、最近では医療系、IT関係など派遣先は幅広くなっており、登録スタッフの面接の時点でもスキルや免許などをしっかりとヒアリングしておくことが重要となる。

紹介企業側のヒアリングに問題がないにも関わらず、登録スタッフに不満があり契約解除となった場合、それはミスマッチが起きている状態だ。それは登録スタッフのヒアリングがうまくいっていなくて希望する職種を紹介することができなかったことが原因といえるだろう。このようなことから双方のヒアリングは重要な項目といえよう。

■まとめ

人材業界は社会的に非常に貢献度の高い業界で、その中でも営業職は企業側と登録スタッフの懸け橋となる重要な職務になる。これから少子化やオリンピック等の影響から人材業界はさらに多忙になるだろう。その中でも人材業界の営業は躍進していくに違いない。

人材業界に興味があるあなたを、株式会社エントリーはお待ちしています。