人材業界は医療の専門職に入り口の拡大を目指す

人材ベンチャー企業

医療系の人材不足は、今に始まった事ではないのですが、「高齢化社会」や「診療報酬改定」などによって、求人の傾向が変わりつつあります。しかし、医療業界全体では、求人不足に悩まされています。その要因の一つとして「医療の専門職」としての人材子会社などによって、医療求人の入り口の拡大がはかられているためです。今回は医療専門職の今について紹介していきます。

■医療系の求人の動向

専門職である医療系の求人は、以前から求人不足ではありましたが「高齢化社会」への移行と「診療報酬改定」が与える影響は、医療専門職の人材募集にも大きな変化をもたらしています。2016年の改定では、「地域包括ケア」と「病床機能の分化」によって、「病院の求人」と共に、「介護系の求人」の拡大が予想以上に起きています。これにより人材の職種も「看護師」「介護士」「ケアマネージャー」など他にも医療系に従事する職種は幅広くなってきています。

◎介護系施設
介護を中心とした入所する形態が多く主に「老人ホーム」を中心とした施設を言います。
「入居・入所介護施設」と「通所介護施設」においては、介護職以外にも、ケアマネージャーやリハビリ専門職・介護助手・看護師・栄養士・調理師・生活相談員・介護事務など多くの職種の方達が介護の現場を支えています。

◎訪問看護
病気や障害を持った方が、自宅にて介護サービスを受けることができます。ケアマネージャーによって、看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の専門職が派遣されることになります。

■人材会社の役割

医療や介護の人材不足をスムーズに解消させていく役割を人材会社は担っています。根本的な解決方法としては、人材教育に頼る部分が大きいのですが、環境改善や労働報酬アップ等を提案し、医療現場と医療専門職の間に入り、マッチングを行っていくのも人材会社の特徴と言えます。人材会社は、ただ情報を受け渡して求人者任せにするのではなく、支援や相談にも力をいれているのです。

◎資格のサポート
医療系の専門職は、資格を有する者が、働くための第一歩です。その為には資格を得る為のアドバイスやサポートなどの支援を行っています。

◎働き方の見直し
医療機関の現場でも、労働環境の改善が求められ続けてきました。勤務体系における「働き方」は、医療専門職でも、パートや契約社員のように、生活スタイルに合わせることで、医療の現場からの離脱を解消することにも繋がります。また、人災会社はその手助けに努めています。

◎専門職の人材確保
専門職は、資格や技術、経験からくる「信頼」や「信用」を持ち合わせた職種と言えます。人材会社では、医療や介護に特化した会社や子会社の設立によって、医療の専門職に入り口の拡大を目指すことになります。

医療や介護の専門職が増えることによって、人材不足を専門的に解消する会社の設立は、今後は増えていく事になるでしょう。人材会社としては、特色やサービスなどの付加価値によって、専門職に対する業界での信頼を勝ち取るための努力を続けていくのです。人材業界は医療の専門職に入り口の拡大を目指すばかりでなく、専門職に対する知識や対応が必要となってくるのです。

これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリまでご連絡お待ちしております。