人と企業を繋いでくれる人材業界とは?

人材ベンチャー企業

人材業界と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか? 仕事を紹介してくれる場所。あるいは、就活の方法をセミナーなどを通して学べる。などあると思います。今回は、皆さんが就職活動をするにあたって、お世話になっている人材業界について一緒に見ていきましょう。

■人材業界とは?

人材業界とは、派遣会社と言われる場所からクライアントである(企業)へ人材を派遣する人材派遣会社のこと、またはそういった人材市場のことを言います。また、即戦力を求めている企業が増えたことで、転職を考える方も珍しくはありません。そこで求められるのが、転職を考えている方々に仕事を紹介し、あるいは「人」と「企業」を結ぶ人材業界というわけです。

■どんなことをするの?

人材業界では、どういったことをするのでしょうか? 主な業務は次の様なものが上げられます。

1)人材紹介
人材紹介は、人材を企業に紹介をして「企業」と「個人」を結びつける業務です。個人と企業に分かれ、企業側を担当するリクルーティングアドバイザーが各企業を訪問し、求人情報や企業が求める人材など、雇用計画に基づいて聞き取り情報収集したりします。

一方で、個人側である求職者に対しては、キャリアアドバイザーが転職を希望する本人の希望や職歴といったものについて見聞きした上で、求人を紹介しリクルーティングアドバイザーと情報を交換しながら選考等についてサポートする業務です。

2)人材派遣
人材派遣とは、派遣会社が登録を行っているスタッフをクライアント会社へ派遣をして報酬を貰う業務で、登録スタッフには派遣先の会社から給料が支払われるのではなく、派遣会社から給料などは支払われるシステムです。

3)求人広告
求人広告については、人材を募集するために広告を売る会社のことです。人材広告を領域とする規模は、正社員や契約者・アルバイト・パートといった範囲まで渡ります。それぞれには、特徴があり「新卒者採用向け」「中途採用向け」「アルバイト向け」などに分けることができます。

4)人事コンサルティング
人事コンサルティングとは、企業において経営戦略である人事戦略の立案や実行をサポートし、人事における課題に対して解決方法などを提案する業務です。

課題に対しての解決方法はさまざまで、採用戦略を練る採用コンサルティングや社員教育を行う上での研修・教育コンサルティング、人事制度の計画などを行う人事コンサルティングなどさまざまな領域でコンサルティングがあります。

人材業界では人材確保が難しいという中で、即戦力や優秀な人材を獲得できるということから、人材派遣と人材紹介の2つに需要が増加しつつあります。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。