人材業界、その人気の秘密

人材ベンチャー企業

現在就活中の学生さんにとって、希望する就職先という意味でも人気ランキングの上位にあってもおかしくないのが、人材業界です。しかし、いくら人気があるからといって実際は自分が持っているイメージとは違うのでは?と感じたことがあるでしょう。今回は、そんな人材業界における人気の秘密についてお話します。

■人気の秘密と現実

就職活動の中で、様々な企業様が求人を出してきていますがその中には人材会社の名前が出てくることでしょう。学生さんはその求人票を見た瞬間、その会社で働くイメージができるはずです。

それは第一印象なので、実際に働くのは別です。理想と現実という問題がある以上、自分の願望とかけ離れたりすることもあります。それが結果的に不満へとつながってしまうわけです。

それでも人材派遣業界で働くとするならば、人気やうわべだけの願望にとらわれないことです。そのためには、この業界の実情というものをしっかりと理解しておくことが今後の進路において重要です。

■成長遂げる人材業界

時をさかのぼって平成17(2005)年から平成19(2007)年の間にかけ、人材業界は拡大していったのです。その背景には平成不況があり、企業は人件費を削減する手段として人材派遣に注目したのでした。

しかし、その翌年となる平成20(2008)年からはリーマンショックの余波を受ける形で企業は派遣切りを余儀なくされました。ところが、平成22(2010)年からは景気が回復し規制緩和が進んだことから派遣業界は急成長を遂げていったのです。

政府の政策が企業寄りとなり、日雇いそのものが基本的にダメになったことで人材派遣は新たな道へと進み、学生さんからは人気を博するようになったのでした。その要因となったのが、人材業界の専業化でした。

それまでの人材派遣業界は、多種多様の事業に人を派遣して利益を上げるやり方でした。しかし、派遣業界の見直しにより、一つの業種に専念する専業化へと様変わりしました。また、国内だけでなく海外へと進出するようになったため、グローバル化が進みました。

人材派遣業界の歴史の中で一時的な衰退こそはありましたが、昨今の経済事情などによりそれが回復し、学生さんたちにとって就職希望先の一つとして注目すると同時に人気ある職種へと発展していきました。

なお、人材派遣の種類については以前紹介しておりますので割愛します。

■人材業界の魅力

人間が人生を豊かに過ごすということは、仕事も充実していく必要があります。そのためには、転職も一つの節目だということを認識していかなければなりません。それまで勤めていた会社を辞めて、新たな会社で自分の可能性を広げることは人生の転換点でもあり、人材派遣会社は、そのお手伝いをすることになります。

会社と求職者、お互い幸せになれることは人材派遣会社の使命の一つです。しかし、会社としては一つのビジネスであることを認識しなければなりません。企業側の理想を求職者に理解してもらい、自分の気持ちと会社が事業として求めることを認識させる機会を与えるのも一つの仕事です。

人材業界という仕事とは、人に幸せを与えることが自分にとってやりがいを感じさせることができます。それゆえに人気がある職種の一つでしょう。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。