人材業界の動向~2019年時点での将来性を考える~

人材ベンチャー企業

人材業界の未来について語るには、現時点での社会の情勢や過去の動向から推し量ることになります。人材業界の動向を2019の時点での将来性について考えていきましょう。人材業界の見通しが広がることになるでしょう。

■人材業界の現状とは(2019年)

人材業界の大きな課題とは、世の中の景気に左右されてしまいます。国内だけでなく海外の株式や円高によっても大きく左右されたりするのが、今までもネックとなってきました。人材業界にとって景気が悪くなることは、業績にとっても大きな損失に対して備えなければなりません。今後も、重要な課題となってきます。

◎少子化や人口減少に対する課題
少子高齢化は、確実な歯止めとなる対策は根本的に限界を迎えております。政府は、海外からの雇用受け入れを慢性的な人手不足に悩む単純労働に対し、「建設」「農業」「宿泊」「介護」「造船」の5分野を対象として受け入れ増を図るべく「特定技能評価試験」を実施することによって、外国人が日本国内での労資格を与える方向に進んでいます。

人材業界も、これに合わせて日本人だけでは、ままならない労働環境においては、外国人に対応する環境づくりが必要とされてくるでしょう。このため、単純労働の対象とされる発展途上国の人材の受け入れを進めていくためには、日本語の通訳が必要となってきます。

その必要性は、人材業界ばかりでなく、民間や政府機関にいたるまで、需要が拡大することは間違いないでしょう。人材業界も、それに合わせて簡単な会話の必要性を求められる事になります。そのために世界の共通語に等しい英語に関しては必要不可欠となり人口の多い中国に対しても対応は、将来的には必須となるでしょう。

■不景気に対する対応策とは、

人材業界においては、不景気に対する対応策が重要な課題となっています。需要の高い業種に的を絞り込むことや、付加価値によるサービスで、人材業界の低迷期を乗り越えなければならないでしょう。

近年の事業の展開には、医療関係に特化した専門の事業や、企業間の隙間産業と呼ばれる必要に応じた新たな職業の必要性を展開したりと生き残りをかけて新たな職種や事業分野にも視野を広げる必要性が求められます。

◎不景気な時ほどコンサルタントが必要とされる
不安な業界は、人材業界だけではないでしょう。不景気における問題点や悩みは、個人ばかりでなく企業に対しても必要とされる問題点です。人材業界の別の側面として、企業や個人に対してのコンサルタントの強化やサービスに対しての必要性が考えられます。

◎新たなる事業展開
介護や医療部門は、なくなることはないでしょう。命を預かる現場でも、人材不足が長年の課題として存在しています。

いかに、専門的なスタッフを確保することが重要な局面となるでしょう。また、環境整備の面において積極的に企業に提案することで、企業と人材との信頼関係を強固な物に築くことができます。

いち早く特定事業に目を向けることが今後の人材業界にとって必要なことではないでしょうか。

■まとめ

2019年で現在の人材業界の規模はかなりの高水準に達しており今後の課題や人材不足に対する対策を早めに検討することが重要となってきます。

人と企業との懸け橋となる人材業界について興味をもたれた方、また、これから就活に挑む方は、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。