発展する人材業界で働くことの魅力

人材ベンチャー企業

人口の減少から見ると人材業界の市場規模は、将来的には減少していくかもしれませんが、新たな雇用対策として、外国人労働者を増やす政策もおこなっています。現状では、人材業界の市場規模は、9兆円程度とかなり高い水準を維持しており、まだまだ人材業界で働く魅力はあふれています。今回は人材業界で働く魅力を紹介します。

■人材業界で働く職種

人材業界には「人材の紹介」や「人材の派遣」、「外部委託」などがあります。

◎「人材の紹介」とは
企業側が優秀な人材を新たに求めるために、募集をおこなうことを人材紹介会社に依頼してくることです。依頼を受けた人材紹介の会社は、求人依頼に登録された応募者に対して、斡旋したり紹介したりと、間をとりもったりしますが、ハローワークなどで、日にちを決めて一斉に応募者との対応をおこなったりします。

紹介する会社側の特徴や情報を収集し、求人者へのアドバイスやサポートをおこなったりもします。また、インターネットでのホームページによる求人者対応の登録もおこなっています。

◎「人材の派遣」とは
人材を求める会社に対して、派遣社員や契約社員、一時的な人材要員を人材派遣会社に登録したり、あるいは専門のスタッフとして正社員を出張したりします。人材を求める会社での短期や契約期間ごとによる継続を、おこなったりする派遣社員を確保している会社です。

人材の斡旋業がメインになっていますが、その為の社員教育や研修なども積極的に開催しています。派遣社員が持つキャリアやスキルに対して、会社側の要望にマッチするように組み合わせをおこなうことも求められます。

◎「外部委託業務」とは
コールセンターのように「製品」や「サービス」に対して、専門のスタッフを常駐させ一つの事業をまるまる請け負う業務もあります。「アウトソーシング」としての外部委託を請け負う業務です。製品に対するマニュアルやクレームの対応など、一部の業務に特化した仕事になります。

※人材派遣業の場合には一般の総合職は相性が良く、専門性の高い医療関係や技術系の人も派遣社員として向いているでしょう。外部委託業務は、製造業に携わった人たちが向いているでしょう。人材紹介は多岐に渡るのでマルチな経験がものをいう業務になります。

■人材業界で働く魅力

①人材業界は関わる企業が多岐に渡っており、いろいろな業界とつながりを持つことになります。詳しくいうと人脈が幅広く、グローバルな分野まで見識を深めることになるでしょう。いろいろな分野に介入することになり、その蓄積はコンサルタントとしても役に立つことになります。あるいは、独立して起業する際に人脈やノウハウが生かせることにつながります。

②経営者や求人者に対して、プレゼンテーション(理解や納得の為の手段)は、経験を積むことで、将来、投資や起業する際には、融資を受ける為のプレゼンなどに役立つことでしょう。経営者に直接、話を聞くことはビジネスのノウハウを無料で伝授されるようなものです。貴重な経験になるはずです。

③人材業界の経験は他業種に高評価
人材業界で働いた経験は、他業種にも評価が高い為に、いろいろな企業に対しての転職も有利に運ぶことができるでしょう。多くの企業への営業活動をおこなうことで、マルチな業務や情報に自然とノウハウを身に付けることになるからです。

※他にも魅力はあるのですが、何よりもお伝えしたいことは、派遣や紹介が成立することにより、企業側や求人側の両方に感謝を頂けることは、仕事のやりがいに対する満足を得られるからです。

■まとめ

人材業界で働く魅力について述べさせて頂きましたが、初めて社会人になる方や経験を積んだ方も、働く人によっては、違う魅力の発見につながることでしょう。是非、人材業界で働いてみてはいかがでしょうか。

これから就活に挑むかたは、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。