人材業界の現状から見える課題について

人材ベンチャー企業

学生の就活対象として人気のある人材業界ですが、どうしても国内の景気に一番敏感な業界と言えます。大きな社会問題となる経済による影響は、国内だけとは言えませんが、人材業界にとって大きな課題です。国内景気から企業の業績の関係性によって、人材業界の課題が浮き彫りになってくるでしょう。

■人材業界の規模とは

人材業界の市場は、1兆円を超えると試算されています。人材業界の大手2社が、人材業界をリードする形になっています。「それに負けじ」と中堅の会社も独自性や柔軟性で、あらゆる方面に対応していこうと頑張っているのです。人材業界も海外への進出を目指して、グローバル化が当然の事のようになっています。

◎具体的な数字から見える事
人材業界では平均年齢が36歳であり、平均勤続数が5.7年と短く平均年収は480万円となっています。平均勤続数の5.7年は、あきらかに短いと言えます。これは、利用者の就職事情から自分の事と照らし合わせる為に、自分自身の転職までも考えてしまう為ではないでしょうか。

労働者の平均年収から比べても遜色のない数字ですが、それでも平均の勤続年数が少ない事には、課題が見えてきます。どうすれば勤続年数を伸ばし、会社への定着率を上げる事ができるのかと言う事です。

■人材業界の動向

人材業界は、景気や社会情勢の影響を受けやすい事に、以前から対応が求められてきました。

◎企業側が人材を必要としない場合
人材業界は、企業と求人者の仲介を行う会社ですので、企業側と求人側のいずれもクライアントと言えます。企業側が経営の拡大や新事業に対して新たな人材を求めるのは、当然の事ですが、企業の業績が不振になってしまうと、契約社員や派遣社員の必要性が亡くなってしまうのです。リストラや事業の縮小には、人材業界は真っ先に影響を受けてしまうのです。

◎求人側が不足する状況
2019年の現在でも景気は横ばいか、徐々に上向きと言われていますが、企業が必要としている人材に対して、職種による人材不足は万年化している現状です。日本国内での人材不足を、外国人労働者に頼る事は当然と言えます。

◎外国人労働者への対応
外国人労働者への対応は、社会問題にもなりかねません。同じ人間として日本人と同じ対応が求められるべきなのですが、意思の疎通や個人としての能力の評価など、日本の人材業界にマッチするには、時間のかかる問題となっています。

■まとめ

課題への対応策は、人材業界が景気の動向に左右されないように、新たな事業の展開や不景気でも必要になる人材の強化や、柔軟な対応が求められます。不景気でも人材業界は維持していかなければならないのです。課題の対応が、問題となる前に、今から準備してしかるべきでしょう。

企業側に求める事として景気の動向によって、「派遣切り」や契約の打ち切りが、一方的に実行されないように、法的な整備も含めて企業側への「守るべき事柄」が定着する事が重要です。日本の景気に影響されないように、海外事業の強化もはかる事が求められます。海外での事業を行う事で、リスクを軽減させる事につながります。人材業界が今後の課題に対して、どれだけ対応できるかが、今後の成長につながる事でしょう。

これから就活に挑む学生の皆さんへ、当方でも新たな人材を求めております。興味のある方は、株式会社エントリーまでご連絡お待ちしております。