特集・イベント

エントリーでバイトして阪神タイガースを応援しに行こうキャンペーン!

株式会社エントリーが運営する
オリジナルグッズECサイト

  1. トップ
  2. NEWS
  3. 毎月目標達成したら年間最大240万円の手当?! 支店長をヒーローにするための新施策。物価高騰に打ち勝つ達成インセンティブを導入

毎月目標達成したら年間最大240万円の手当?! 支店長をヒーローにするための新施策。物価高騰に打ち勝つ達成インセンティブを導入

  • RELEASE

“人と仕事の縁むすびに挑戦し続ける”を企業理念に、主に仕事紹介サイト「スマジョブ」や仕事マッチングサービス「シェアジョブ」を運営する株式会社エントリー(本社:東京都新宿区、代表取締役:寺本潤、以下エントリー)は、社員の働きがいの向上や物価高騰に対する不安の払拭を目的に、新たな福利厚生施策として「達成インセンティブ手当」と「インフレ手当」を3月1日より開始しました。

かねてより当社では、社員の働きやすさの向上を目的に、「子供手当 ※1人5,000円・16歳未満」や「出産祝い(手当)3万円」、「結婚祝い(手当)5万円」等、様々な福利厚生制度を実施しており、社員から好評を得ています。
昨今の少子高齢化の進行や急激な物価高騰等、様々な社会不安に対して、これまで以上に社員が安心して働ける環境を整えるべく、かっこいい責任者を作る「達成インセンティブ手当」、物価高騰から従業員を守る「インフレ手当」を導入致しました。

■新しい福利厚生制度の概要

<これまでの主な手当一覧>

結婚をし、子供が育つと入学等で一時金が必要になります。この先の制度としては、入学祝い金(小中学校、高等学校、大学まで)を設けていく予定です。このような新しい制度を充実させ、結婚しても、子供が増えても、歳をとっても、この先数十年、安心してエントリーで働き続けることのできる制度を用意してまいります。今後はアルバイト等雇用形態に限定することなく、3年間継続して働いた方には社員と同等の手当てを支給していく予定です。

また、今回の新しいインセンティブ制度だけではなく、2021年は2.5%、2022年は4.0%と、毎年従業員の給与ベースアップを行う予定です。

■社員の声

 

【大宮支店 榎垣有紗支店長】

支店の達成なので、アルバイトさんを含め支店全員で受け取りました。メンバーからは2月頑張った甲斐があったという声が多数あり、私自身も嬉しく思いました。支店達成でもらえるため、メンバーのモチベーションも上がり一人ひとり目標達成へのこだわりも芽生えたことを実感し、支店として取引先を大事にしようという意識が一段と上がったことが一番良い変化です。引き続き達成に向けて一人ひとりがこだわりを持ってアグレッシブに仕事ができる環境を作っていきます。

 

【大宮支店 田村唯(正社員)】
率直にとてもとても嬉しかったです。アルバイトさん含め明確なご褒美(目標)ができるため、今後も続いてほしいと思いました。今まではとりあえず目標達成すればいいと思っていましたが、形となって実感できるため、今回のみの達成にせず、毎月達成し続け、唯一の12か月連続達成や120%達成できるように、大宮支店一丸となりアグレッシブに行動していきます!

【札幌支店 大野貴弘支店長】
さっそくインセンティブを受け取った週の金曜日にみんなでご飯にいきました。出勤日の関係で一緒に行けなかったメンバーにはプレゼントを渡しました。普段はみんなと自腹か割り勘でご飯や飲みに行っていたので、このような形で支援して頂けると誘いやすくなり、メンバーとの絆を深めることが出来てとても良いと思います。
3月4月と120%の目標も見据えてみんなが行動出来ており前よりアグレッシブに動いてくれていると感じています。

【札幌支店 伊藤洵平(正社員)】
支店の皆でいつもより高い食事へ行きました。支店全員でインセンティブを獲得するため、熱意は強くなったと思います。支店一丸となって目標達成を目指して今後も頑張ります。

 

【熊本支店 山川大貴支店長】

頂いたインセンティブはアルバイトさんに日頃の感謝としてお寿司をご馳走しました!この制度によって常に高いモチベーションで仕事をすることができたと思います。アルバイトさんも常に進捗を確認し、例え100%の達成であっても、更に高い目標となる120%の達成を目指すために業務に励んでくれました。そんな姿勢をみて僕自身もアルバイトさんの為にも、絶対に達成しないといけないそう思うようになり、日々の業務、営業に力が入りました。

【熊本支店 古澤結香(アルバイト)】

今までも様々なアルバイトや仕事はしてきましたが、アルバイトの立場でこのようなまとまった手当をいただいたのは初めてで、とてもありがたく思っています。それと同時に達成できたのは支店長はじめ、上司の方々のおかげなので、自分自身もより多くの人と仕事の縁むすびが出来るコーディネーターの主力となり支店長を支えていけるよう、そして継続的に目標を達成できるよう今後も精進していこうと強く思いました。

本プレスリリースのPDFはこちら